胸の大きさは遺伝するの?

胸の大きさは遺伝するの?

顔や背の高さは親から譲り受けたものです。親の遺伝子を受け継いでいますから、顔の造りやスタイルも自分の両親のどちらかに似ています。自分の胸の大きさのことを遺伝子と結びつけて考えたことはあるでしょうか?

 

あなたに親と似ている部分が多くあるとしたら、胸の大きさも当然遺伝的影響を受けていると考えるでしょう。例えば自分の母親が貧乳であなた自身も貧乳であったなら、それは遺伝だから仕方がないと決めつけてしまうでしょう。

 

私たちの持っている全てのパーツが遺伝的影響を受けているわけではないのです。胸の大きさも遺伝とは関係がありません。もちろん全く影響がないわけではなく、多少なりとも影響は受けています。

 

胸の大きさというのは先天的要素よりも、生活習慣、食習慣、ストレスといった後天的要素により強い影響を受けているのです。

 

胸の大きさを左右するのは乳腺の発達度合いと脂肪の量。乳腺を大きくすることで胸の脂肪量全体を増やすことができバストが大きくなるのです。

 

今まで胸の大きさが遺伝だと思ってあきらめていた方は、今からでも遅くありません。乳腺を発達させるような努力を続けることでバストを大きくすることができるかもしれないのです。

 

乳腺を発達させる方法は女性ホルモンを増やすことです。その分泌量を増やすにはさまざまな手段が考えられます。

 

その一つが「ときめき」を増やすことです。よく恋をする女性がきれいになると言われるのは、女性ホルモンの分泌量が増えるからなのです。身近な人、芸能人でもいいのでときめける対象を作ると効果的ですよ。