脂肪を注入

脂肪を注入

バストアップの中で、最近より多くの施術が行なわれている方法としては、脂肪注入があります。それこそ皆さんが希望している必要ない脂肪を除去して、胸に入れてしまう、という方法です。

 

 

 

気になる部分の脂肪吸引ができ、なおかつ豊胸もできるということで、かなり人気が出てきているのです。いままではその注入した脂肪が壊死してしまったり、固まってしこりになってしまったりのデメリットが囁かれることがありましたが、最近ではそうした問題は少なくなってきました。

 

 

 

もちろん脂肪が定着しない、そして入れた分がすべて胸の脂肪になるとは限らないというリスクはあります。ですからかなり大目に脂肪を入れることになりますが、逆に体全体が痩せている人は、なかなかそれまでの脂肪を集めるのが大変、そして脂肪を吸引したところに痛みがあるなどの問題を生じることがあるのです。

 

 

 

注入された脂肪がどれだけ定着するか分からないので、もし左右に注入した場合、同じだけ脂肪が残るとは限らず、仕上がりが左右対称にならないというときも。もちろん自然な胸でも左右対称なことは少ないのですが、あまりに差があるとちょっと困りますね。

 

 

 

手術後直後は満足のいく結果になったとしても、経過によってはだんだん問題がでてくるケースもありますから、まずはアフターケアのしっかりしたクリニックを選ぶ必要があります。

 

 

 

脂肪注入といっても、その脂肪は自分から吸引するので、その部分のリスクも考えておきましょう。