その後のお手入れ

その後のお手入れ

豊胸手術後のマッサージは、かなり義務化されたものでした。手術後に、しっかりマッサージしないと、柔らかさが失われ、硬くなってしまうということからです。

 

 

 

でもいまはバッグの高性能化、そしてその表面の材質によって、マッサージの必要がないものも登場しています。その一番のメリットは、やはり痛い思いをしなくていいことです。バッグ表面の膜が、つるつるしているか、またはでこぼこしているかで、マッサージの有無が決まるのです。

 

 

 

つるつるしているのはスムースタイプとよばれ、マッサージとバッグの相性がいいと、感触のよいバストになるといいますが、数ヶ月に渡って、痛いマッサージをする必要があります。その点、ざらざらしているテクスチャードタイプはマッサージの必要はほぼないですが、バッグの表面がシワになってバストが波打ってしまうことがあるといいます。

 

 

 

また、バッグのはじのほうが折れ曲がって肌の表面からそれが見えてしまうことも。そうなると、せっかくの手術もやり直しになってしまいます。

 

 

 

いまは双方のデメリットを解決できるような、新しいタイプのバッグも開発されてはいますが、マッサージを全くしないでいいというタイプが好まれるようになっています。

 

 

 

乳腺下のほうはまだいいですが、大胸筋下にいれるバッグ、そしてその後のマッサージ負担を考えると、それも正しいことのように思います。感触をよくするためとはいえ、あまりに痛みをともなう治療には賛成できかねます。